プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCB基板の表面処理金メッキにはどのような役割がありますか?

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCB基板の表面処理金メッキにはどのような役割がありますか?

PCB基板の表面処理金メッキにはどのような役割がありますか?
2023-04-23
View:533
Author:ipcb      文章を分かち合う

PCB基板の表面処理には金メッキという広く使われています。金メッキプロセスの目的は、PCB基板のプリント配線表面上に色が安定し、光輝度が良く、めっき層が平らで、溶接性の良いニッケル金めっき層を堆積することです。

 

簡単に言えば、金メッキは化学堆積の方法を採用して、化学酸化還元反応によって配線板の表面に金属めっき層を発生します。

 

一、金メッキ技術の作用

 

PCB基板上の銅は主に紫銅で、銅の溶接点は空気中で酸化されやすく、これにより導電性、すなわち錫食い不良または接触不良をもたらし、回路基板の性能を低下させることができ、それでは銅の溶接点に表面処理を行う必要があり、金メッキは上で金めっきを行い、金は効果的に銅金属と空気を遮断して酸化落ちを防止することができるので、金メッキは表面の酸化防止の処理方式で、化学反応によって銅の表面に金を被覆したもので、化学金とも呼ばれています。

PCBプリント基板

図1 PCBプリント基板

 

二、金メッキはPCB基板の表面処理を向上させることができる

 

金メッキプロセスの利点は、線路を印刷する際に表面に色が安定し、光輝度が良く、めっき層が平らで、溶接性が非常に良いことです。金メッキの一般的な金の厚さは1-3 Uinchであるため、金メッキという表面処理方式で作られた金の厚さは一般的に厚いので、金メッキという表面処理方式は一般的にボタン基板、ゴールデンフィンガーなどの配線板に応用されています。なぜかといえば、金の導電性が強く、抗酸化性がよく、使用寿命が長いからです。

 

三、金メッキ基板を用いた配線板のメリット

 

1、金メッキ基板は色が鮮やかで、色がよく、見栄えがよく、顧客へのアピール度が向上する。

 

2、金メッキによって形成された結晶構造は他の表面処理より溶接しやすく、比較的に良い性能を持ち、品質を保証することができる。

 

3、金メッキ基板はパッドにニッケル金があるだけで、表皮効果における信号の伝送は銅層にあるため、信号に影響を与えない。

 

4、金の金属特性は比較的安定しており、結晶構造はより緻密で、酸化反応が起こりにくい。

 

5、金メッキ基板はパッドにニッケル金があるだけなので、線路上のソルダーレジスト溶接と銅層の結合はより強固であり、マイクロ短絡も起こりにくい。

 

6、工事は補償をする時に間隔に影響を与えず、仕事を便利にする。

 

7、金メッキ基板の応力はより制御しやすく、使用時の体験が良い。

 

四、金メッキとゴールデンフィンガーの違い

 

ゴールデンフィンガーとは、真鍮の接点で、導体でもあります。詳細には、金の抗酸化性は極めて強く、伝導性も強いため、メモリバーにメモリスロットに接続された部品に金をメッキすると、すべての信号が金の指を介して伝送されます。ゴールデンフィンガーは多くの黄色の導電性接触片からなり、その表面は金メッキされ、導電性接触片は指のように配列されていることから名付けられました。一般的に、ゴールドフィンガーはメモリストリップ上とメモリスロット間の接続部品で、すべての信号はゴールドフィンガーを介して送信されます。金の指は多くの黄金色の導電性タッチパッドで構成されており、ゴールデンフィンガーは実際には銅被覆板の上に特殊な技術で金を被覆しています。

 

したがって、単純な区別として、金メッキは配線板の表面処理技術で、ゴールデンフィンガーは配線板に信号接続と導通を持つ部品です。市場の実際には、ゴールデンフィンガーは必ずしも本物の表面が金であるとは限りません。金の高価な価格のため、現在は多くのメモリが錫めっきを用いて代替されており、1990年代から錫材料が普及し始め、現在ではマザーボード、メモリ、グラフィックスカードなどの設備の「ゴールデンフィンガー」のほとんどが錫材料を採用しており、一部の高性能サーバー/ステーションの部品接触点だけが金めっきの方法を採用し続けており、価格はもちろん高くありません。