プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - SMT-PCB設計原則

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - SMT-PCB設計原則

SMT-PCB設計原則
2023-07-24
View:55
Author:ipcb      文章を分かち合う

一、SMT-PCBプリント配線板で部品のレイアウト

 

プリント配線板をリフロー溶接炉のコンベア上に置く場合、部品の長軸は設備の駆動方向に垂直であるべきであり、これにより溶接中に部品がプリント配線板をドリフトしたり「縦碑」が現れたりするのを防ぐことができる。

 

PCBプリント配線板上の部品は均一に分布し、特に大電力の部品を分散し、回路動作時にPCBプリント配線板上の局所的な過熱による応力を回避し、溶接点の信頼性に影響を与える。

 

両面貼付の部品は、両面に大きい体積の部品は取り付け位置をずらす必要があり、そうしないと溶接中に局所的な熱容量が増大するため溶接効果に影響を与える。

 

ピーク溶接面にPLCC/QFPなど四辺にピンがある部品を置くことはできません。

 

ピーク溶接面に取り付けられたSMT部品は、長軸が半田ピークの流れの方向と平行になるようにして、電極間の半田ブリッジを減らすことができる。

 

ピーク溶接面上の大、小SMT部品は直線に並ぶことができず、位置をずらすことで、溶接時の半田ピークの「陰影」効果による虚溶接と漏れ溶接を防止することができる。

基板実装

図1 基板実装

 

二、SMT-PCBプリント配線板上のパッド

 

ピーク溶接面上のSMT部品は、その大きな部品のパッド(例えば、トランジスタ、ソケットなど)を適切に大きくし、SOT 23のパッドは0.8-1 mm長くすることができ、これにより部品の「シャドウ効果」による空溶接を回避することができる。

 

パッドの大きさは部品の寸法に基づいて決定し、パッドの幅は部品の電極の幅と等しいか少し大きいか、溶接効果。

 

2つの互いに接続された部品の間では、1つの大パッドを使用することを避けなければならない。大パッド上の半田は2つの部品を中間に接続するため、正しいやり方は2つの部品の半田パッドを分離し、2つのパッドの中間に細い導線で接続することである。もし導線が大きな電流を通じて何本かの導線を並列接続することができれば、導線は緑油で覆われる。

 

SMT部品のパッドには貫通孔がないか、またはその近くに貫通孔がない。そうしないと、REFLOWの過程で、パッド上の半田が溶融した後に貫通孔に沿って流れ、虚半田が発生し、錫が少なくなり、プレートの反対側に流れて短絡する可能性もある。