プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCBスルーホールにおけるPTH とNPTHの違い

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCBスルーホールにおけるPTH とNPTHの違い

PCBスルーホールにおけるPTH とNPTHの違い
2023-07-28
View:625
Author:ipcb      文章を分かち合う

PCB回路基板には大小の穴が多く観察され、多くの密で小さな穴であることがわかり、それぞれの穴には目的があって設計されています。これらのホールは、概してPTHPlating Through Hole、めっきスルーホール)とNPTHNon Plating Through Hole、非めっきスルーホール)の2種類に分けることができる。

 

1、どのようにPTHNPTH2種類のスルーホールを区別しますか?

 

孔壁に明るいめっき跡があるかどうかを見れば判断できますが、めっき跡のある孔がPTHであり、めっき跡のない孔がNPTHです。次の図に示します。

 

PTH vs NPTH

図1 PTH vs NPTH

 

NPTHの孔径は通常PTHよりも大きくなることが分かった。NPTHのほとんどはロックねじとして使用されるため、あるものは外部を連結するためのコネクタ固定用である。また、板の縁部で試験治具としての位置決めをすることもあります。

 

一般的に回路基板のPTH孔には2つの用途があり、1つは伝統的なDIP部品の脚を溶接するためのもので、これらの孔の孔径は部品の溶接脚径より少し大きくなければならず、それによって部品を孔に挿入することができない。

 

もう1つの比較的小さなPTHは、一般にvia(導通孔)と呼ばれ、回路基板の2層または複数層間の銅箔線路を接続および導通するために使用されます。PCBは多くの銅箔層が積層されているため、各層の銅箔(copper)間には絶縁層が再敷かれており、つまり銅箔層同士は相互に通信できず、その信号の接続はviaによるものであるため、中国語では「導通孔」と呼ばれています。Viaは外から穴のある存在が全く見えないからです。viaの目的は異なる層の銅箔を導通することであり、導通するには電気めっきが必要であるため、viaPTHの一種である。