プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - 抵抗器はどのように検出しますか

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - 抵抗器はどのように検出しますか

抵抗器はどのように検出しますか
2023-10-18
View:148
Author:ipcb      文章を分かち合う

部品の検出は家電修理の基本的な仕事であり、どのように部品の関連パラメータを正確かつ効果的に検出し、部品の正常かどうかを判断するのは、マンネリ化したことではなく、異なる部品に基づいて異なる方法を採用しなければならず、それによって部品の正常かどうかを判断しなければならない。

抵抗

図1 抵抗

一、抵抗器の検出方法

 

1.固定抵抗器の検出。

 

A.2つのテスター(正負を問わず)をそれぞれ抵抗の両端ピンに接することで実際の抵抗値を測定することができる。測定精度を高めるためには、測定された抵抗の公称値の大きさに基づいてレンジを選択しなければならない。オームストップ目盛の非線形関係のため、その中間段の目盛は比較的に精緻であるため、指針指示値をできるだけ目盛の中段位置、すなわち全目盛開始の20%80%ラジアン範囲内に落として、測定をより正確にするべきである。抵抗誤差レベルにより異なります。示度と公称抵抗値の間にはそれぞれ±5%、±10%または±20%の誤差が許容される。一致せず、誤差範囲を超えている場合は、この抵抗値が変化したことを示します。電子 機器 メーカー

 

B.注意:テスト時、特に数十kΩ以上の抵抗値の抵抗を測定する時、手はテスターと抵抗の導電部分に触れないでください、検出された抵抗は回路から溶接され、少なくとも1つのヘッドを溶接しなければならない。カラーリング抵抗の抵抗値はカラーリングフラグで決定できるが、使用する際にはマルチメーターで実際の抵抗値をテストしたほうがよい。

 

2.セメント抵抗の検出。セメント抵抗の検出方法及び注意事項は、通常の固定抵抗の検出と全く同じである。

 

3.溶断抵抗器の検出。回路の中で、溶断抵抗器が溶断した後、経験に基づいて判断することができる:もし溶断抵抗器の表面が黒くなったり焦げたりしていることを発見するならば、その負荷が重すぎて、その電流が定格値の何倍を超えていることによると断定することができ、表面に痕跡がなく開回路している場合は、流れる電流が定格溶断値とちょうど等しいか、またはそれより少し大きいことを示します。表面に何の痕跡もないヒューズ抵抗器の良否の判断には、マルチメーターR×1段で測定し、測定が正確であることを保証するために、溶断抵抗器の一端を回路から溶接しなければならない。測定された抵抗値が無限大であれば、このヒューズ抵抗器が故障して開路したことを説明し、測定された抵抗値と公称値が非常にかけ離れていれば、抵抗変化値を示し、再使用するべきではない。修理の実践の中で発見して、少数の溶断抵抗器が回路の中で短絡される現象もあり、検査する時も注意しなければならない。

 

4.ポテンショメータの検出。ポテンショメータを検査する時、まず回転ハンドルを回転して、回転ハンドルの回転が滑らかであるかどうか、スイッチが柔軟であるかどうか、スイッチがオン、オフの時に「カチッ」という音が澄んでいるかどうかを見て、そしてポテンショメータ内部の接触点と抵抗体の摩擦の音を聞いて、「サラサラ」という音があれば、品質が悪いことを説明します。マルチメータを用いて試験する場合、まず測定されたポテンショメータの抵抗値の大きさに基づいて、マルチメータの適切な抵抗バリアを選択し、それから下記の方法で測定することができる。

 

A.マルチメータのオーム遮蔽器で「1」、「2」の両端を測定し、その示度はポテンショメータの公称抵抗値でなければならない。例えば、マルチメータの針が動かないか、抵抗値が大きく異なる場合、当該ポテンショメータが破損していることを示す。電子 機器 メーカー

 

B.ポテンショメータの可動アームと抵抗シートとの接触が良好かどうかを検出する。テスターのオームレンジで「1」、「2」(または「2」、「3」)の両端を測定し、ポテンショメータの回転軸を反時計回り方向に「オフ」に近い位置まで回転させ、この時抵抗値は小さいほど良い。軸柄を時計回りにゆっくり回転させ、抵抗値を徐々に大きくし、ヘッド中の針を滑らかに移動させなければならない。シャフトハンドルが極端な位置「3」に回転すると、抵抗値はポテンショメータの公称値に近づくべきである。マルチメーターの針がポテンショメータのシャフトシャフトの回転中に鼓動現象がある場合、可動接点に接触不良の故障があることを説明する。