プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - よく使われるPCB基板ソフトウェアは何ですか。

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - よく使われるPCB基板ソフトウェアは何ですか。

よく使われるPCB基板ソフトウェアは何ですか。
2023-11-10
View:111
Author:ipcb      文章を分かち合う

よく使われるPCB基板ソフトウェアはどれらがありますか。

 

PCB ERPソフトウェア:paradagm(現在この業界で有名なのは、cim-sys

 

PCB自動材料供給システム:現在比較的に良いのはPCB自動材料供給システム5.0である

 

PCB監査ソフトウェア:pcbpartner百能網(自動監査、自動スペル、自動見積もり、インテリジェント検索、同プロセスGerber検索)

 

PCB支援ソフトウェア:CADタイプソフトウェア、Powerpcb/Protel(国内で最も広く応用されている設計用ソフトウェア)mentor/PADS/Allegro/Autocadなど多種のソフトウェアがある

 

PCB修正ソフトウェアCAM:例えばGenesis 2000(ステーションレベルのソフトウェアはCAMエンジニアの仕事の展開に大きな助けを与える)/CAM 350(エンジニアたちは必ず少なくてはならないツールを使用する)/C−CAMV 2000/など

 

PCBインピーダンス計算のソフトウェア:Polar社製Cits 25/si 6000/si 8000

 

他にも主流のPCB基板ソフトウェアがあります。

 

Protelなど、OrCADViewlogic PowerPCB Cadence PSDMentorGraphicesExpedition PCBZuken CadStart Winboard/Windraft/Ivex-SPICEPCB Studio TANGOなど。現在、我が国で最も多く使用されているのはProtelであり、以下はこのソフトウェアについてのみ紹介する。

 

ProtelPROTEL社が1980年代末に発売したCADツールであり、PCB設計者の第一選択ソフトウェアである。それは比較的に早く国内で使用され、普及率が最も高く、一部の大学の回路専門はProtel課程を専門に開設し、ほとんどの回路会社がそれを使用しなければならない。初期のProtelは主にプリント基板の自動配線ツールとして使用されていたが、現在一般的に使用されているのはProtel 99 SEであり、それは完全な全方位回路設計システムであり、電気原理図の描画、アナログ回路とデジタル回路の混合信号のシミュレーション、多層プリント基板の設計(プリント基板の自動レイアウト配線を含む)、プログラマブル論理デバイスの設計、グラフの生成、回路テーブルの生成、マクロ操作のサポートなどの機能を含み、そしてClient/Server(クライアントサーバアーキテクチャ、同時にORCADPSPICEEXCELなどの他の設計ソフトウェアのファイルフォーマットにも互換性がある。多層プリント配線板の自動配線を使用することで、高密度PCB100%流通率を実現することができる。Protelソフトウェアは機能が強く、インターフェースが便利で、使いやすいが、最も代表的なのは回路設計とPCB設計である。