プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問

PCB設計時、電源チップはどのように選択しますか?
2022-05-26
View:101
Author:ipcb      Share

PCB設計を行う場合、電源チップ設計はDC/DCLDOかを選択する必要があります。

 

一、簡単に言えば、昇圧の場合、もちろんDC/DCしか使えません。LDOは圧力降下型で、昇圧できないからです。

 

LDOの選択

 

設計された回路がシャント電源に対して以下の要求がある場合

 

1.高い騒音とリップル抑制;

 

2.PCBボードの占有面積が小さく、例えば携帯電話などの手持ち電子製品;

 

3. 携帯電話などのように、回路電源にはインダクタンスの使用は許可されていない。

 

4.電源には瞬時キャリブレーションと出力状態のセルフテスト機能が必要。

 

5.レギュレータの低圧降下が要求され、自身の消費電力が低い。

 

6.回線コストの低さと方案の簡単さを要求する;

 

この場合、LDOを選択することは適切な選択で、製品設計の様々な要求を満たすことができます。

 

二、また、それぞれの主な特徴を見る必要があります。

 

DC/DC:効率が高く、ノイズが大きいですが、メリットは変換効率が高く、大電流が可能ですが、出力幹渉が大きく、体積も比較的大きいことです。

 

LDO:ノイズが低く、静電流が小さい;体積が小さい、幹渉が小さく、入力と出力電圧の差が大きい化すると、変換効率が低いです。

 

そのため、圧力降下が比較的大きい場合には、DC/DCを選択します。その効率が高いため、LDOは圧力降下が大きいために自己損失が大部分の効率になります。

 

圧力降下が小さい場合は、ノイズが低く、電源がきれいで、週辺回路が簡単でコストが低いため、LDOを選択します。

 

LDOlow dropout regulatorであり、低圧差線形レギュレータを意味し、従来の線形レギュレータに対してです。従来の線形電圧安定器では、78 xxシリーズのチップのように、入力電圧が出力電圧より2 v~3 V以上高いことが要求されています。そうしないと正常に動作しません。しかし、いくつかの場合、このような条件は明らかに過酷で、5 v3.3 v回転するなど、入力と出力の差は1.7 vしかなく、明らかに条件を満たしていません。この場合に対して、LDOクラスの電源変換チップがあります。

 

LDO線形降圧チップ:原理は抵抗分圧に相当し、降圧を実現し、エネルギー損失が大きく、降下した電圧は熱に転化し、降圧の差圧と負荷電流が大きいほど、チップの発熱が明らかになる。このようなチップのパッケージは比較的大きく、放熱に便利です。

 

LDO線形降圧チップ:2596L78シリーズなど。

 

DC/DC降圧チップ:降圧過程におけるエネルギー損失は比較的小さく、チップの発熱は明らかではない。チップパッケージは比較的小さく、PWMデジタル製御を実現することができる。

 

DC/DC降圧チップ例えば:TPS 5430/31TPS 75003MAX 1599/61TPS 61040/41

 

総じて言えば、PCB設計を行う際、昇圧は必ずDC/DCを選択し、降圧し、DC/DCLDOかを選択し、コスト、効率、ノイズ、性能を比較しなければなりません。肝心なのは具体的に具体的な分析を応用することです。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンクhttps://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。