プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問

負荷センサーは何ですか。
2022-08-05
View:142
Author:ipcb      Share

負荷センサ(一般に「負荷センサ」と呼ばれる)は、張力と圧縮力を対応する電気信号に変換する電子機器です。負荷センサは、一般に、物体の重量(例えば、家庭用または工業用台秤)を決定するために使用されるが、張力(例えば、プーリケーブルおよびロープ)を定量化するために使用されてもよいです。

 

負荷センサの設計や機能は異なりますが、引張力や圧力の大きさを決定するために、センサ内の抵抗や変形を測定することができます。製造業、医療、食品雑貨、自動車業界は負荷センサー技術の恩恵を受けています。

 

2つの簡単な負荷センサ設計は、油圧負荷センサと空力負荷センサです。油圧センサは液体を使用し、空気圧センサはガスを使用します。張力や圧縮力を加えると、液体やガスが膨張したり収縮したりして、加えられた力に比例する電気信号が生成されます。これらのセンサは通常、圧力センサの例である圧力計に直接接続されています。

 

負荷センサーによく見られるタイプは、ひずみゲージ負荷センサーです。歪み計は可撓性膜片とワイヤからなります。この負荷センサが圧縮または引張されると、歪計内の抵抗は比例して減少または増加します。ひずみ計負荷センサは、通常、ホイートストンブリッジ構成で配置されます(3つの既知抵抗を使用して未知の抵抗を計算するために使用される)。

 

8.4 图1.jpg

1 ホイートストンブリッジ秤量センサの概略図。

 

容量式負荷センサは負荷センサタイプと考えられています。それらは容量(センサが電荷を蓄積する能力)を測定して圧縮力を定量化します。容量式負荷センサは2つの導電板で構成され、負荷が変化すると、2つの導電板が互いに接近したり離れたりします。容量はプレート間の距離に応じて変化し、変化した容量は測定回路によって検出されます。

 

また、圧電負荷センサ(圧電効果を利用)や梁式負荷センサ(曲げたときに電気信号が発生する)もあります。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンク:https://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jp をご覧ください。