プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問

良いGPSモジュールとは?
2022-11-03
View:33
Author:ipcb      Share

良い研究開発エンジニアは方案を設計するだけでなく、GPSモジュールを合理的に運用し、各種モジュールを理解し、合理的に運用することができ、現在の無線モジュール設計に必要なスキルでもあります。モジュールの基本的な要件をいくつか共有します

 

GPSモジュールPCB


1、良好な受信感度

 

受信感度とは、受信機が有用な信号を正確に取り出すことができる信号受信電力のことです。GPSナビゲーションモジュールの良好な受信感度により、無線製品は弱い信号を捕捉する能力をより強くすることができます。このように、伝送距離の増加に伴い受信信号が弱くなり、高感度の無線製品は依然としてデータを受信し、安定した接続を維持し、伝送距離を大幅に向上させることができます。

 

2、極めて速い位置決め時間

 

測位時間とは、GPSデバイスが自動的に自分の位置を特定し始める時間のことで、一般的に秒単位で行われます。この時間になると、GPSデバイスはGPS測位衛星に信号を送り、自分の位置を特定し始めます。また、初回起動、冷起動、熱(温)起動の位置決め時間を含みます。車載ナビゲーションでも携帯電話の地図ナビゲーションでも、GPSモジュールを搭載した上で構築されており、測位時間が短いほど、テストデータはエンジニアの承認を得やすくなります。現在、SKYLABが開発生産しているGPSモジュールの冷起動時間は23 s、温起動時間は2 ~ 3 s、熱起動時間は1 s未満です。

 

3、位置精度

 

位置精度とは、空間ポイント取得座標値とその真の座標値との一致度を指します。精度の高い測位精度はGPS測位モジュール設計の基礎であり、測位精度が機能的な効果を達成しなければ、どんなに華麗なGPDモジュール設計でも喜ばれないだろう。もちろん、ナビゲーション環境によっては、使用状況を考慮してから、他の要素を考慮しなければなりません。

 

位置決め精度は静的と動的の情況の下で考察することができて、しかも動的位置決め効果は静的位置決めより優れています。GPSモジュールが公称する測位パラメータとは、完全に開放された空の下で、衛星信号が優れている場合に測定されることを意味します。そのため、通常の試験では公称的な位置決め時間と位置決め精度を達成することは難しいです。

 

4、消費電力

 

電力消費とは電力の損失であり、設備、デバイスなどの入力電力と出力電力の差額を指します。コンピュータ技術とマイクロエレクトロニクス技術の急速な発展に伴い、組み込みシステムの応用分野はますます広くなっています。省エネは化のブームであり、例えばコンピュータ内の多くのチップは過去に5 Vで電力を供給していたが、現在は3.3 V1.8 Vで、そしてグリーンシステムの概念を提案しました。多くのメーカーはGPSモジュールの低消費電力問題を重視している。回路とシステムの低消費電力設計は常に電子工学技術者が設計する際に考慮しなければならない重要な要素であり、あるメーカーが開発生産したGPSモジュールの消費電力値はすべて数十mAにすぎず、すべて低消費電力モジュールに属しており、エンジニアは安心して選択することができます。

 

5、時間精度;

 

時間精度は、各ユーザが要求する時間のメトリックに基づいて分類され、計量を行うための1つの方法です。時間精度は尺度によって、ナノ秒(ns)、ピコ秒(ps)、マイクロ秒(us)、ミリ秒(ms)、秒(s)、分(min)、時間(h)に分けることができます。