プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCB保形コーディング規格とは

高周波PCB技術

高周波PCB技術 - PCB保形コーディング規格とは

PCB保形コーディング規格とは
2023-04-12
View:437
Author:Leota      文章を分かち合う

コーティングとは?なぜPCB保形コーティング基準が必要なのか。

 

保形コーディングは完全に組み立てられて回路基板に応用される保護材フィルムです。それは非導電性誘電材料で、回路基板とそのコンポーネントを塩霧、湿気、真菌、ほこり、その他の露出金属腐食を引き起こす可能性のある汚染物から保護することができます。保形コーディングは異なるタイプの溶剤や化学薬品に抵抗でき、熱応力や機械応力による損傷を防ぐのに役立ちます。回路基板の必要に応じて、共形コーティングは、アクリル酸、シリコーン樹脂またはウレタン樹脂およびエポキシ樹脂などの他のより専用の化合物から作製することができます。これらのコーティングは、ブラシ、スプレー、または回路基板をコーティングに浸漬することができます。

 

保形コーディングとPCB表面処理は、コーティングが回路基板を組み立てた後に塗布され、表面処理がPCB製造プロセスの一部であるためです。どちらの方法も回路基板を保護することができますが、保護方法は異なります。PCB表面処理は、組み立て前に銅回路基板を腐食から保護するための溶接可能なコーティングで、保形コーティングは作業中にPCBを保護するために使用されます。標準表面仕上げは熱風はんだの平坦化(HASL)で、板を溶融はんだに浸し、その後熱風で平坦化します。スズ、銀、金を用いて浸漬式表面処理を行うこともできます。

 

PCBで使用している保形コーティングがご希望の作業を完了できることを知るためには、機能認証を行うことが重要です。これが保形コーティング基準を採用した理由です。それらは汎用保護物質とプリント配線板のために設計されたエンジニアリングコーディングを区別しています。保形コーディングには多くのユーザーや業界仕様がありますが、ここでは主要なものだけを紹介します。

プリント基板

 図1 プリント基板


PCB保形コーティングを管理するための基準は何ですか。

 

保形コーディングには5つの規格があります。ここにリストします。最初のMIL-I-46058 Cは古くなりましたが、業界全体で保形コーティング機能の基準として広く使用されています。IPC-CC-830 Bは代替製品として作成され、IPC-A-610はコーティングの厚さをカバーしています。Underwriter's Laboratoriesにも2つの仕様があります。UL 94UL 746 Eは、保形コーディングの可燃性と電気性能をカバーしています。

 

lMIL-I-46058C:これは軍用級規範で、1998年に新設計により失効するまで保形コーディングに基準を設定しました。古くなっているにもかかわらず、軍事請負業者が遵守する必要があることがよくあります。

 

lIPC-CC-830BMIL-I-46058 Cが非アクティブになったときに代替製品を提供するために、この規格を作成します。これは、製造業者やサプライヤーが認定された保形コーディング製品に使用され、有効な仕様で、新しい情報を更新し続けています。これには、外観、絶縁抵抗、柔軟性、耐湿性など、合格コーティング試験に関する多くの合格/不合格試験と参照データが含まれています。2つの規格は類似しているため、MIL-I-46058Cの要件を満たす保形コーディングはIPC-CC-830Bの要件を満たすと考えられています。

 

lIPC-A-610:これは電子組立標準の許容性です。それはPCB製造の多くの側面をカバーしており、その材料とカバーされたコンポーネントの機能に基づいてコーティングの厚さに対する要求を含みます。

 

lUL94Underwriter's Laboratory規格94は、保形コーティングがFR−4基板上の火炎を良好に自己消火できることを証明しています。V−0は最も速く炎を消すことができる最高レベルで、V−1V−2はより長い燃焼時間を持つ材料を分類します。

 

lUL746EUL 94の可燃性等級に加えて、このUL規格はコーティングされた電子製品の電気的および可燃性安全性を試験しました。