プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB Blog

PCB Blog - 保温板の機能

PCB Blog

PCB Blog - 保温板の機能

保温板の機能
2023-11-22
View:97
Author:sabrina      文章を分かち合う

保温板は熱エネルギーを分離して伝達するための材料であり、その主な機能は断熱と断熱を実現することである。保温板は建築保温、配管保温、空調配管保温などの分野に使用でき、有効に熱損失を減少し、エネルギー利用効率を高めることができる。同時に、保温板は騒音低減、防火、防水、抗菌などの面でも役割を果たすことができる。



感熱板.jpg

PCB用語において、「熱」とは、良好な電気的接触を実現するためにパッドを平坦な表面に接続するが、より悪い熱的接触を実現するための特別な方法を指す。これは、通常、銅製パッドの周囲に半円状の隙間を有することによって達成される。イメージしてみてください。回路基板の周りの銅に円形の切り欠きを作成し、平面から隔離する。



保温板の特性

1)断熱板材料はアスベストを含まない耐熱積層板である。

2)高強度断熱板は高い耐圧強度と曲げ強度を有し、高強度を必要とする場合に最適である。

3)耐高温保温板は高温での膨張率が低く、高温での耐圧強度が低下しにくい。それは圧力下で変形が小さく、長期的な高温下でサイズが安定している。

4)必要に応じて、標準と穴加工タイプが選択できる。

5)保温板製品シリーズが豊富で、異なる高温と熱伝導性の需要を満たす。

6)各製品は使用温度で加熱しても変形せず、サイズが安定し、絶縁効果が優れている。


保温板は伝熱を隔離するための材料であり、通常は建築、航空宇宙、自動車製造などの分野で使用されている。熱板の役割は、物体の表面温度を低下させ、それによって熱伝達とエネルギー損失を減少させることである。断熱板を作る材料はいろいろある


1)ポリスチレン板

ポリスチレン板はポリスチレンからなる発泡材料である。この材料は優れた絶縁性と難燃性を有し、建築断熱と保温材として広く用いられている。ポリベンゼン板の利点は、軽量で強度が高く、耐水性、耐酸アルカリ腐食性、絶縁性能が良いことである。難点は可燃性であり、難燃剤を添加して改良する必要があることである。


2)グラスウール板

グラスウール板はガラス繊維から作られた断熱材である。グラスウール板の利点は密度が低く、軽量、柔軟性が高く、絶縁性能が良く、難燃性が良く、耐食性が良いなどである。グラスウール板は主に建築、航空宇宙、自動車製造などの分野の断熱に用いられる。


3)ウレタン板

ウレタンシートは、ウレタンを基本材料とし、発泡剤と添加剤を添加した保温材である。ウレタン板の利点は軽量、強度が高く、絶縁性能が良く、耐水、耐酸アルカリ腐食、難燃性などである。ウレタン板は主に建築、冷蔵、自動車製造などの分野の断熱に用いられる。


4)ケイ酸アルミニウムウール板

ケイ酸アルミニウム毛板はケイ酸アルミニウムを原料とした保温材である。ケイ酸アルミニウム毛板の利点は、密度が低く、軽量で、絶縁性が良く、難燃性が良く、耐食性があることである。珪酸アルミニウム毛板は主に高温設備、窯保温、建築保温などの分野に用いられる。



保温板は熱を隔離し制御するための建築材料であり、通常はパネル構造の1つまたは複数の材料からなる。保温板は断熱、防火、防湿などの一般的な建築機能を持ち、同時に建築のエネルギー利用効率を高めた。