プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

剛性PCBとFPCの違い
2022-05-12
View:184
Author:ipcb      Share

7992d7de91e304161ac98abb78c3fa1d.jpg

剛性PCB基板とフレキシブルPCBは、様々な消費デバイスおよび非消費デバイスの電子コンポーネントを接続するために使用されます。その名の通り、剛性PCBは曲げられない剛性基板層上に構築された回路基板であり、フレキシブルPCB(フレキシブル回路とも呼ばれる)は曲げ、ねじれ、折り畳み可能なフレキシブル基板層上に構築されています。

 

従来のPCBフレキシブルPCB(FPCB)は同じ基本目的を有しているが、両者の間に多くの相違点があることに注意しなければなりません。フレキシブル回路は、曲げられたPCBだけでなく、剛性PCBとは異なり、様々な性能上の利点と欠点を有します。剛性PCBとフレキシブルPCBについては、以下は詳細について簡単に説明します。

 

剛性PCBとフレキシブル回路の違いは何ですか?

 

剛性PCBは、通常PCBと略称され、多くの人が回路基板を想像したときに考えられます。これらのプレートは、非導電性基板上に配置された導電性軌道および他の素子を用いて電気アセンブリを接続します。剛性回路基板上では、非導電性基板は、通常ガラスを含み、このように補強板の強度及び剛性を増強します。剛性回路基板は、コンポーネントに良好な支持を提供し、良好な熱抵抗を提供します。


gangxingPCB.jpg


 

フレキシブルPCB(FPC)は、非導電性基板上にも導電性トレースを有するが、このタイプの回路基板は、ポリイミドなどのフレキシブル基板を用います。フレキシブルベースは、フレキシブル回路が振動に耐えられ、放熱され、様々な形状に折り畳まれます。その構造的優位性のため、フレキシブル回路はコンパクトおよび革新的な電子製品にますます多く用いられています。

rouxingPCB.jpg


 

基板層の材料と剛性を除き、PCBとフレキシブル回路との間の顕著な相違点:

 

l導電材料:フレキシブル回路は曲げなければならないため、メーカーは導電銅の代わりにより柔らかい圧延焼なまし銅を使用する可能性があります。

 

l製造プロセス:フレキシブルPCB製造業者は、半田防止膜を使用するのではなく、フレキシブルPCBの露出回路を保護するために、被覆層または被覆層と呼ばれるプロセスを使用します。

 

l典型的なコスト:フレキシブル回路のコストは通常剛性回路基板より高いです。しかしながら、フレキシブル回路基板はコンパクトな空間に取り付けることができるため、エンジニアはその製品サイズを縮小することができ、間接的にコストを節約することができます。

 

剛性とフレキシブルPCB(FPC)の選択方法

 

剛性とフレキシブル回路基板は、多くの異なる製品に使用することができますが、いくつかのアプリケーションが1つのタイプの回路基板を特定したらより多くの利益を得る可能性があります。例えば、剛性PCBは、テレビやデスクトップコンピュータなどの大きな製品に応用したら意味があり、スマートフォンやウェアラブルテクノロジーのようなよりコンパクトな製品にはフレキシブル回路が必要があります。

 

剛性PCBとフレキシブルPCBの間で選択する場合は、お客様のアプリケーション要件、業界優先の回路基板タイプ、および1つまたは別のタイプを使用すると、利益が得られる可能性があります。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンクhttps://www.ipcb.jp/をご覧ください。