プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBニュース

PCBインクの3種類
2022-05-13
View:10
Author:ipcb      Share

56a150b75213c64d961023b897887185.jpg

現在、市場ではプリント基板(PCB)インクの種類が多く、主に線路インク、溶接防止インク、文字インクの3種類に分けられています。

 

1.線路インク

 

線路腐食を防止する場合のバリア層として、エッチング時に線路を保護するのは、一般的に液状感光型です。耐酸性腐食と耐アルカリ性腐食の2種類があり、その中で耐アルカリ性のほうは価格が比較的に高いです。このインクは線路を腐食した後、アルカリで溶解しなければなりません。

 

2.溶接防止インク

 

線路ができたら線路に塗って線路を保護するためのものです。液体感光性のあるものだけでなく熱硬化性のあるものもあります。それに紫外線硬化型のものもあります。PCB基板にパッドを残し、溶接素子を便利にし、絶縁酸化防止の役割を果たします。

 

3、文字インク

 

基板表面の表示に使われるのは、電子コンポーネントのシンボルをつけるなど、一般的に白いです。

 

実は他にもインクがあります。例えば、剥離可能なインクは、銅めっきや表面処理をする場合に処理する必要のない部分を保護し、引き裂くことができます。

 

以上がPCBインクの大まかな種類である。

 

(株)iPCBPCBPCBAの設計、製造販売及びこれらの付随業務の電子相関事業を手掛けています。弊社の詳細はリンクhttps://www.ipcb.jp/をご覧ください。