プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - PCB/PCBAのE-Testの原理と用途

PCBニュース

PCBニュース - PCB/PCBAのE-Testの原理と用途

PCB/PCBAのE-Testの原理と用途
2023-02-24
View:199
Author:Leota      文章を分かち合う

PCBA加工の過程で2種類のE-Testがよく使われています。1つはPCBE-Test、もう1つはPCBAE-Testです。よくこのような種類を混同するお客様がいます。一部のお客様はこれらのE-Testが何に使われているのか分からない場合もあります。本文は簡単にこの2種類のE-Testの原理と用途を紹介します。

 

E-testの原理PCBE-TestPCBAE-Testの原理はすべて簡単で、どちらも金属プローブを通じてPCB基板上のパッドと試験点を接続し、PCB基板に通電した場合、試験回路の電圧値と電流値などの典型的な数値と現象を取得し、得られたパラメータを通じて製品の合格を検査します。

E-Test

 

PCBE-Testはすべて顧客の要求に基づいてカスタマイズされ、必要に応じてPCBボードのサイズ、溶接点の位置を生産して決定します。主にエポキシ板、金属プローブ、導線、検出インタフェースから構成されています。

 

主に回路基板の配線のOn/Offを検査し、これまで製品に不良な現象、短絡断路、開路などが現れないことを確保することができました。

 

PCBAボードE-Testは専用のボードで、生産されたPCBボードサイズ試験点の位置と各種の外付け計器、インタフェース、付属品回路基板に基づいて構成されており、よく使用される材質はアクリル、電気木材などで本体のフレームを作成するもので、接触用の頂針と導線をリンクさせて、簡単なE-Testを形成しました。

 

PCBAE-TestSMT生産に欠かせない検査ツールであり、主に生産された回路基板をテストし、検出された信号画像や音温度などを通じてこのプレートが良品かどうかを判定することができます。

 

PCBA加工におけるE-Testの品質の良し悪しは製品試験の効率と直通率に関係し、試験の頻繁な操作であるため、試験ラックを作る際には必ず良い品質を選んで生産要求を達成しなければなりません。