プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBニュース

PCBニュース - アルミナセラミックス基板の発展(下編)

PCBニュース

PCBニュース - アルミナセラミックス基板の発展(下編)

アルミナセラミックス基板の発展(下編)
2023-03-28
View:125
Author:Leota      文章を分かち合う

上編に引き続き、本文はツールセラミックスから述べます。


LEDセラミックス基板

図1 LEDセラミックス基板


ツールセラミックス

 

構造セラミックスの主な材質は硬質合金、ダイヤモンド天然ダイヤモンド(ダイヤモンド)、立方窒化ホウ素(CBN)などです。

 

1、硬質合金

 

硬質合金の主要成分は炭化物と結合剤で、炭化物は主にWCTiCTaCNbCVCなどがあり、結合剤は主にコバルト(Co)です。硬質合金は工具鋼に比べて硬度が高く(87 ~ 91 HRAまで)、熱硬性がよく(1000℃前後で耐摩耗性に優れ)、工具として使用する場合、切削速度は高速鋼より4 ~ 7倍向上し、寿命は5 ~ 8倍向上し、その欠点は硬度が高く、脆く、機械加工されにくいことで、このためよく刃を製造し、刃棒に半田付けして使用し、硬質合金は主に機械加工工具に使用します。引張型、引抜き型、冷間ランタン型を含む各種金型、鉱山工具、地質、石油開発には各種ドリルなどが採用されています。

 

2、ダイヤモンド天然ダイヤモンド(ダイヤモンド)

 

ダイヤモンド天然ダイヤモンド(ダイヤモンド)は貴重な装飾品として、合成ダイヤモンドは工業上で広く応用されており、ダイヤモンドは自然界で最も硬い材質で、極めて高い弾性率を備えています。ダイヤモンドの熱伝導率は既知の材質です。ダイヤモンドの絶縁性は優れています。ダイヤモンドはドリル、工具、研削具、糸引き型、修理工具として使用できます。ダイヤモンド工具は超精密加工を行い、鏡面仕上げを達成することができます。しかし、ダイヤモンド工具の熱安定性は悪く、鉄族元素との親和性が大きいため、鉄、ニッケル基合金の加工には使用できないが、主に非鉄金属と非金属を加工し、セラミックス、ガラス、石材、コンクリート、宝石、瑪瑙などの加工に広く使用されています。

 

3、立方晶窒化ホウ素(CBN

 

立方晶窒化ホウ素(CBN)は立方晶構造を有し、その硬度はダイヤモンドに次いで高く、その熱安定性と化学安定性はダイヤモンドより良く、焼入れ鋼、耐摩耗鋳鉄、熱溶射材質とニッケルなどの難加工材質の切削加工に用いることができます。刃物、研削具、糸引き型などを作ることができます。

 

その他の工具陶磁器その他の工具陶磁器にはアルミナ、ジルコニア、窒化ケイ素などの陶磁器があるが、総合性能及び工程応用から上述の3種類の工具陶磁器には及ばません。

 

機能セラミックス

 

先進的なセラミック材料の発展

 

先進的なセラミック材料は新材料の重要な構成部分で、通信、電子、航空、宇宙、軍事などのハイテク分野に広く応用され、情報と通信科学技術の面で重要な応用があります。大部分の機能セラミックスは電子産業において非常に広く使用されており、一般に電子セラミックス材料とも呼ばれています。例えば、チップを製造するためのセラミック絶縁材料、セラミック基板材質、セラミックパッケージ材質及び電子デバイスを製造するためのコンデンサセラミックス、圧電セラミックス、フェライト磁性材料などが挙げられます。電子技術、大規模集積科学技術回路は、圧電、強誘電、磁性セラミックスから離れられない電子コンピュータの記憶システムには、四角形のヒステリシスループを有する強磁性体セラミックスが必要です。高速ハードディスク回転システムにはセラミック軸受が必要であるロケットとミサイルの発射において、鼻錐と透波セラミックアンテナカバーは重要な部品で、それは高温気流の摩擦と洗浄に耐えなければならず、材質が高い高温強度と良い抗酸化性能を持つことが要求され、セラミック材料だけがこれらの要求を満たすことができる新エネルギーの磁気流体発電機として、セラミックを電極材質とする必要があります。高温燃料電池、高エネルギー蓄電池は、セラミックブロックイオン導体を用いてダイヤフラム材質などを作る必要があります。