プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA手作業テストと自動化テストの違い

PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA手作業テストと自動化テストの違い

PCBA手作業テストと自動化テストの違い
2023-04-26
View:151
Author:Sabrina      文章を分かち合う

PCBAの組み立てが完了すると、いずれもPCBAテストを行う必要があり、一般的には手作業テストと自動化テストの2つの方法がある。では、この2つの方法にはどのような違いがあるのでしょうか。


手動テストと自動化テストは実際には対立しているわけではなく、すべての機能が自動化テストを使うわけではありません。自動化テストは何年も発展してきたが、手作業テストを取って代わっていない。自動テストは効率的ではありませんが、一部のシーンの機能回帰を完了することができます。



733d0f1217d5f65b5925efb74e90fa2b.jpg

PCBA



1、手作業でPCBAをテストする特徴

手動テストは人為的な論理判断、現在のステップが正しいかどうかを検証することができ、同時にユースケースの実行は一定のステップジャンプ性を持ち、論理をはっきりと知り、問題を細かく位置決めすることができる。

バグの修正に少し時間がかかると、手動テストを回帰テストに適用するのは非常に難しくなります。これは、テストが必要なケースが多すぎるため、自動テストを導入する必要があるからです。


2、自動化テストPCBAの特徴

実行する対象はスクリプトであり、人為的な論理判断、現在のステップが正しく実現されているかどうかを検証することができ、ユースケースステップ間の関連性が強く、手動テストケースほどジャンプしていない。自動化テストも、製品本体の機能が正確で完全であることを保証し、重い作業からテスターを解放するために使用されます。


PCBA自動化テストは夜間に実行できる。テストは移植性と再現性があり、良いテストスクリプトは往々にして比較的に良いプラットフォーム移植性を持ち、ソフトウェアをより迅速に市場に投入することができ、自動テストは大量の時間を節約した。


まとめ:手動テストと自動テストにはそれぞれメリットとデメリットがあります。自動化テストの先行投入は期間が長く、コストが高く、厳しいトレーニングを必要とします。


次に、ICTテストとテスト治具の比較を見てみましょう


ICTテスト用治具

1:試験内容:抵抗値/容量値開短絡等1:通電試験動作電流及び待機電流の方が直感的である。

2:テストが単一で、ホールスイッチ機能を測定できない2:磁石を治具に植え込むことで機能検査(出力高低レベル5 V-0 V)を実現できる。

3:利点テスト速度が速い3:テストが全面的で、良品通過率が高い。

4:予定されたテスト効果を達成できず、その後組み立てた後に機能をテストする4:テスト治具はドッキング収集モジュール+コンピュータソフトウェアを装備し、治具類は完成品の機能テストよりも、一歩到着すれば直接使用することができる。


対照的に、このケースでは、ICT総合評価は優勢ではない。ICTの利点はテスト速度が速いことです。欠点は抵抗値容積値などをテストし、テストが単一で、特に科学技術がますます先進的になっている今日、集積回路はますます高くなり、ICTは多くのものが測定できなくなり、機能テストを通じて解決するしかない。(ICTテストが必要なら、弊社も協力できます)。


試験ラックは機能試験であり、相対測定速度は少し遅いが、顧客に渡された大貨物直通率はICT試験よりもはるかに高くなるに違いない。コミュニケーションの注文に応じて、テストラックでテストすることで大量のPCBAテスト需要を完全に満たすことができ、プロジェクト需要量が新たに増加し、我が社も生産に協力するためにテストラックを1台多く開くことができ、テストラックでPCBA機能テストの優位性:製品テスト後、顧客に送って直接使用することができ、機能テストはより全面的で、納品の良品直通率は高く、品質管理はより良い。囙この場合、専用PCBA試験ラックをテストすることをお勧めします。