プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB技術

PCB設計の20Hの原則
2020-09-16
View:223
Author:Annie      Share

20Hの原理は、電源層と接地層の間の20Hの距離を指します。もちろん、エッジ放射効果を抑制することでもあります。電磁干渉は、ボードの端で外側に放射されます。電界がグランドプレーン内でのみ伝導されるように、電源プレーンを縮小します。EMCを効果的に改善します。20H縮小すると、電界の70%を地面の端に制限できます。100H縮小すると、電界の98%を制限できます。



PCB設計

 


 20Hルールの採用は、電源プレーンのエッジが0Vプレーンのエッジより少なくとも20倍小さいことを保証することを意味します。これは、2つのプレーン間の距離に相当します。このルールは、0V /パワープレーン構造の側面からの放射を低減する(エッジ放射効果を抑制する)技術として必要になることがよくあります。


ただし、20Hルールは、特定の特定の条件下でのみ重要な結果を提供します。これらの特定の条件は次のとおり


です。1。対象となる周波数では、パワーバス構造は共振しません。


2.パワーバスの電流変動の立ち上がり/立ち下がり時間は1ns未満である必要があります。


3. PCBの全導関数は、少なくとも8層以上です。


4.電源プレーンはPCBの内部レベルにある必要があり、それに隣接する上下のレベルは両方とも0Vプレーンです。外側に伸びる2つの0Vプレーン間の距離は、それらと電源プレーン間の距離の少なくとも20倍である必要があります。