プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問

FPCAとは何か?FPCAとPCBAの違いは?
2021-08-10
View:46
Author:ipcb      Share

FPCはフレキシブル回路基板(Flexible Printed Circuit略称FPC)は、ポリイミドまたはポリエステルのフィルムを基材として作られた高い信頼性を持ち、優れたフレキシブルなプリント回路基板である。配線密度が高く、軽量で、厚みが薄く、折り曲げ性に優れているのが特徴です。


FPCAはFlexible Printed Circuit Assemblyの略称で、FPC素子ハンダまたはアセンブリを意味する。PCB (Printed Circuit Board)は、中国名でプリント回路基板、またプリント配線基板とも呼ばれ、重要な電子部品であり、電子部品の支持体であり、電子部品の電気的接続の担体である。

FPCB-14.jpg

リジットフレッキ基板

電子印刷術で作られているため、「プリント」回路基板と呼ばれている。

PCBAとは、英語のPrinted Circuit Board +Assemblyの略であり、即ち、PCB空板はSMT上を通ってDIPプラグインの全エンチンを通る。これは国内では一般的に使われている表記ですが、欧米ではPCB'Aが標准的に使われており、これは公用語と呼ばれています。

PCBAとFPCAの違いは主に板材の違いである。

FPCAは、フレキシブルな回路基板を用いて組み立てられる。基板には折り曲げ性があり、携帯電話などの比較的ハイエンドな製品を応用する。組み立ての密度が高く、同時に加工が難しく、生産コストが高い。


PCBAは硬性の回路基板を使用して組み立てを行うもので、一般的には回路基板と呼ばれているが、応用分野が広く、回路基板の組み立て技術が成熟しており、FPCよりもプロセスの難易度が低く、制造コストが低い。

「FPCAとはどういう意味か,FPCAとPCBAとの違いは?」ここまでご紹介しました。少しでもお役に立てればと思います。


記事は(www.ipcb.jp)から愛彼回路は専門の高精密回路基板開発生産メーカーで、4-46層回路基板、回路基板、HDI回路基板、プリント基板、ICパッケージ基板、ICテスト板、多層回路基板、混圧回路を量産することができる基板、高周波回路基板、FPCB基板などです。