プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問

FR-4材料とロジャース材料の違いは何?
2022-06-17
View:160
Author:ipcb      Share

週知のように、プリント基板は電子製品において重要な役割を果たしているため、プリント基板の製造において、正しい材料をどのように選択するかを考慮しなければなりません。iPCBはできるだけ低コストで、非常に優れた高品質のプリント基板製造と高品質の部品実装を提供していることは間違いありません。しかし、プリント基板の材料は多種あり、FR-4材料、HDI材料だけでなく、ロジャースPCB材料などもあります。FR-4材料はほとんどの応用に対して安価で有効であるため、一般的には、お客様がプリント基板標準FR-4材料を使用して製品コストを下げるのは良い選択です。しかし、プリント基板材料の種類はFR-4材料だけではなく、プリント基板材料に比べてFR-4材料とロジャース材料が重要ですが、多くのお客様がそれらについて混乱していると感じています。iPCBFR-4材料とロジャース材料を紹介します。

 

FR-4材料とは?

 

実際、FR-4は素材というよりグレードを指し、ガラス繊維強化エポキシ積層材の複合材料である。FR-4はガラス繊維を織り込んだ布にエポキシ樹脂をコーティングした接着剤で、難燃性に優れています。また、FRflame retardant(難燃剤を意味する)の略で、UL 94 V-0規格に準拠した材料であることを示しています。

 

FR4材料.jpg


 

FR-4材料


電子工学エンジニアや設計者にとって、FR-4ガラスエポキシ樹脂は強度と重量の割合が良好なため人気があり、用途の広い高圧熱硬化性プラスチック積層グレードです。吸水率がほぼゼロのFR-4は、かなりの機械的強度を有する電気絶縁体として最も一般的に使用されています。これらの特性は、優れた製造特性とともに、様々な電気や機械の用途においてこのクラスに有用性をもたらします。

 

ロジャースPCBとは何ですか?

 

ロジャースは回路基板用の積層材料を製造する会社です。ほとんどの回路基板は、銅箔を片麺または両麺に積層したガラス繊維またはエポキシ複合材料FR 4(難燃レベル4)から作られています。

 

ロジャースは、FR-4ラミネート(FR-4コア銅ラミネート)を販売していますが、PTFE(テフロン)など高週波特性の良いコアの方が有名です。ガラス繊維よりも高価ですが、高週波損失が少ないのが特徴です。そのため、RF回路基板に適しています。

 

FR-4材料とロジャース材料の違いについて

 

1.FR-4材料はロジャース材料より安い。

 

2.FR-4材料はロジャース材料より高週波に強い。

 

3.FR-4材料はロジャース材料よりも誘電正接が高く、伝送損失が大きい。

 

4.インピーダンス安定性の麺では、ロジャース材料はFR-4材料よりも広い相対誘電率値を有する。

 

5.誘電率について、FR-4材料の相対誘電率は4.5程度で、ロジャース材料の6.1511より低いです。

 

6.温度管理の麺では、ロジャース材料はFR-4材料に比べて変動が小さい。

 

高周波PCB 92.jpg

RO3003材料


 



ロジャーズPCB材料を選択する理由

 

FR-4材料はプリント基板の基本基準を提供し、コスト、耐久性、性能、製造性と電気特性の間で広く有効なバランスを保っている。しかし、性能と電気特性は設計において重要な役割を菓たすため、ロジャーズの材料は以下の利点を有する。

 

低電気信号損失

 

有効コストでプリント基板を製造する

 

低誘電損失

 

より良い熱管理

 

広いDk(誘電率)値(2.5510.2

 

衛星用低ガス排出

 

特性インピーダンス製御の改善

 

業界で15年以上の歴史を持ち、iPCBは中国で最も経験豊富なプリント配線板と部品実装メーカーの一つである。非常に短い納期でのプリント基板の試作や部品実装だけでなく、中小規模のプリント基板製造にも高度に特化しています。ロジャーズ材料とFR-4材料を用いてプリント基板を製造した。iPCBは、お客様の要求を満たすために、最も品質の良いプリント基板を作るために最善を尽くします。プリント基板の製造と組立において最も厳しい基準を守ることを約束します。下記のURLhttps://www.ipcb.jp/ 或いはhttps://www.ipcb.com/jpをご覧ください。