プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCB Blog

PCB Blog - PCBボードはどのようにして行われますか。

PCB Blog

PCB Blog - PCBボードはどのようにして行われますか。

PCBボードはどのようにして行われますか。
2023-06-16
View:183
Author:Sabrina      文章を分かち合う

なぜPCBボードが必要なのですか。

PCBの設計及び製造が完了した後、SMT打刻品のパイプラインに部品を貼り付ける必要があり、各SMTの加工工場はパイプラインの加工要求に基づいて、PCBの最適な寸法規定、例えば寸法が小さすぎたり大きすぎたりすることを規定し、パイプラインにPCBを固定する治具は固定できない。では、問題が来ました。もし私たちのPCB自体のサイズが工場から与えられたサイズ規定より小さい場合はどうしますか。それは、PCBをボードに接続し、複数のPCBを1つにまとめる必要があるということです。スペルは高速打材機に対しても波頭溶接に対しても著しく効率を高めることができる。


PCBボードの名詞解釈

以下に具体的にどのように操作するかを説明する前に、いくつかの重要名詞を先に説明してください


Mark点:下図のように

da1d30c37c8825df73a1168988ffa984.jpg

PCBボードのMark点


Mark点は打具機の光学的位置決めを支援するために用いられる打具装置のPCB板対角には少なくとも2つの非対称基準点があり、全体のPCB光学的位置決め用基準点は一般的に全体のPCB対角対応位置にある。ブロックPCB光学位置決め用基準点は、一般にブロックPCB対角対応位置にある。リードピッチ≦0.5 mmのQFP(正方形フラットパッケージ)とボールピッチ≦0.8 mmのBGA(グリッドアレイパッケージ)のデバイスに対して、打刻精度を高めるために、ICの2対角に基準点を設定する必要がある。


データム点の要件:

1、基準点の好ましい形状は中実円である。

2、基準点の寸法は直径1.0+0.05 mmである。

3、基準点は有効PCB範囲内に置かれ、中心距離は板辺から6 mmより大きい。

4、印刷と打刻品の識別効果を保証するために、基準マークのエッジ付近の2 mm範囲内に他のシルクマーク、パッド、V溝、切手穴、PCB板の切り欠き及び引き廻しがないこと。

5、基準点パッド、抵抗溶接の設定が正しい。


資料の色と環境のコントラストを考慮して、光学位置決め基準記号より1 mm大きい無抵抗溶接領域を残して、いかなる文字も許可しなくて、無抵抗溶接領域の外で金属保護輪の設計を要求しない。


PCB連板エッジ(プロセスエッジ)は、フレームの離板を補助し、PCB板の両側または四辺にピークを溶接して新たに追加した部分を生産するために、主に生産を補助するために、PCB板の一部ではなく、生産完了には除去する必要がある。


fa3e2178def96b322bcc6223d61932d1.jpg

プレートエッジ


V溝

V溝は、外形が矩形のPCBなど、分離辺が一直線のPCBに適しています。V溝を開けた後、残りの厚さXは(1/4~1/3)板厚Lでなければならないが、最小厚さXは≧0.4 mmでなければならない。荷重の重い板には上限を、荷重の軽い板には下限を取ることができる。V型溝の上下両側の切り欠きの位置ずれSは0.1 mm未満でなければならない。最小有効厚さの制限により、厚さが1.2 mm未満の板に対して、V溝連板パイプを採用するべきでなく、V溝を加工する必要がある場合、加工書にV溝加工要求を説明しなければならない。


PCB切手穴

PCB切手穴の設定要求:切手穴とプロセスエッジを接続し、中間に導線を通さない場合の設定要求は図2.5-aの通り、切手穴とプロセスエッジを接続し、中間導線を通す時の設定要求は図2.5-bのように、通過穴の両側の導線は同じ層の配線ではなく、線幅は0.3 mmを要求する、2連板を接続する場合、V型溝を採用しない場合、図2.5-cのように設定する。以上の3種類の接続パイプの2つの隣接する接続キー間の距離は6 mm〜40 mmの間であることが要求されている。


7c342ae66c58a786f4c086e632782e26.jpg

PCB切手穴

PCBボードの説明

外形寸法

a.加工を容易にするために、単板板の角またはプロセス辺はR型面取りでなければならず、一般的な角の直径はΦ 5、プレートは適切に調整できます。


b.単板の寸法が100 mm未満の場合× 70 mmのPCBはボード接続を行うべきである(図3.1参照)。


PCB連板寸法要求


長さL:100 mm ~ 400 mm幅W:70 mm ~ 400 mm


不規則なPCB


不規則な形状でプレートが接続されていないPCBは、エッジを加工しなければならない。PCBに5 mm以上の穴が開いている場合× 5 mmのところは、溶接時に拡散スズと板が変形しないように、設計時に穴を補完し、補完部分と元のPCB部分は片側のいくつかの点で接続し、ピーク溶接後に除去しなければならない。


プロセスエッジとPCBの接続がV溝である場合、デバイス外縁とV溝の距離≧2 mm ;プロセスエッジとPCBとの接続が切手穴である場合、切手穴の周囲2 mmにはデバイスや回路の配置が許可されない。


PCB連板方向は平行に辺方向設計を転送しなければならず、寸法が上述のスペル寸法要求の例外を満たすことができない場合。一般的には「V-CUT」または切手の穴の線の数≦3が要求されている(細長い単板は例外としてもよい)。


異形板のPCB接続板は、PCBサブ板とサブ板の間の接続に注意し、できるだけステップごとに分離された接続が1本の線上にあるようにしなければならない。