プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBAの技術

PCBAの技術 - なぜPCBA洗浄を行うのか?

PCBAの技術

PCBAの技術 - なぜPCBA洗浄を行うのか?

なぜPCBA洗浄を行うのか?
2023-04-27
View:268
Author:Sabrina      文章を分かち合う

なぜPCBA洗浄を行うのか?


PCBA加工の過程で、錫ペーストとフラックスは残留物質を発生し、残留物には有機酸と分解可能な電気イオンが含まれ、その中に有機酸は腐食作用があり、電気イオンがパッドに残留すると短絡を引き起こすことがあり、しかもこれらの残留物はPCBA基板上で比較的に汚れており、顧客の製品洗浄度に対する要求にも合わない。同時にPCBAボードの安定性にも影響するので、PCBA洗浄を行う必要があります。


PCBA洗浄は電子組立に必要な極めて重要なプロセスの一つであり、異なる等級基準の製品、選択されたフラックスと経過した工程の区別に対して、選択される洗浄剤、必要な機械設備、工程も異なる。


ほとんどのPCBA洗浄設備メーカーは洗浄設備の機械設備と洗浄実施方案を発表し、まず製造メーカーの電気溶接後の残留物の検査分析を行い、その後、目的的なシステム洗浄解決方法を提供した。全知能化された線上式洗浄設備、半自動化されたオフライン式洗浄機、人力洗浄設備などがあり、全水基(イオン水で洗浄)、半水基(ケン化液などの有機化合物水溶液で洗浄)と全化学溶媒を適用する配管洗浄がある。多くのPCBA企業は水基洗浄液を選択し、グリーン製造の方向に発展する傾向にある。



PCBA洗浄装置.jpg

PCBA洗浄装置




3種類のPCBA洗浄の一般的な方法

1、全知能化のオンラインPCBA洗浄

それは大量のPCBA洗浄に適用し、安全でインテリジェントな洗浄設備を選んで電装生産ラインを置き、異なるキャビティラインを利用して化学洗浄(または水基洗浄)、水基すすぎ、乾燥のすべてのプロセスを展開する。洗浄中、PCBAは洗浄設備のコンベアを利用して異なる溶剤洗浄チャンバ内にあり、洗浄液は電子部品、PCB回路基板表面層金属めっき層、アルミニウムめっき層、ラベル、文字などの資料と適合しなければならず、特殊部品は洗浄に耐えられるかどうかを考慮しなければならない。


PCBA洗浄プロセスは、入板->化学プレ洗浄->化学洗浄->化学分離->プレ洗浄->すすぎ->最終シャワー->風切り乾燥->乾燥である。


2、半自動化のオフライン式PCBA洗浄

それは小ロット多品種PCBA洗浄を適用し、人力による運搬展開は生産ラインのすべての地域に設定でき、オフラインで1つのキャビティ内で化学洗浄(または水基洗浄)、水基すすぎ、乾燥のすべてのプロセスを展開する。洗浄中、PCBAは一般的に治具を安定させるか、バスケット(basket)に入れて展開する必要があり、洗浄液は電子デバイス、PCB回路基板表面層、金属めっき層、アルミニウムめっき層、ラベル、文字などの資料と適合しなければならず、特殊な部品は洗浄に耐えられるかどうかを考慮しなければならない。


3、人工洗浄PCBA

人工洗浄設備はSMTのPCBA電気溶接溶接後の表面層に残留したロジンフラックス、水溶性フラックス、ロジンフラックス、洗浄フリーフラックス/半田ペーストなどの有機、無機汚染物に対して完全に有効性のある洗浄を展開する。


人工洗浄PCBAは小ロットサンプルPCBA洗浄を適用し、温度制御を利用して、MPC微相洗浄剤の人力洗浄工程に適応し、1つの恒温槽内で化学洗浄を展開する。特に注意して、超音波洗浄は投資が少なく、実施する実施案としても一部のPCBA製造メーカーに選択されている。

クリーニング中のPCBA.jpg

クリーニング中のPCBA


PCBAをクリーニングするための作業要件

1、PCBA又は表面溶接部品に特別な要求がない場合、すべての製品は専用洗浄剤を用いてPCBA板を洗浄することができる。

2、一部の電子部品は専用洗浄剤に接触することを禁止し、例えば:キースイッチ、網口ソケット、ブザー、電池シート、LCD表示幕、プラスチック部品、ダイヤルスイッチ、レンズなど。

3、洗浄中、ピンセットなどの金属を直接PCBAに接触させてはならず、PCBA板面を損傷し、傷をつけないようにする。

4、PCBA板は部品の溶接を経た後、フラックスの残渣が時間とともに腐食物理反応を起こすため、できるだけ早く洗浄しなければならない。

5、PCBA板の洗浄が終わった後、40〜45度程度のオーブンに入れ、半時間のベーキングを経て、乾燥してからPCBA板を取り出して次の工程の加工を行う。


PCBA洗浄の注意事項

1、PCBAを洗浄した後、その板面にフラックス、スズビーズ、スズスラグを残してはいけない。表面と溶接点に白っぽい、暗い現象があってはならない。

2、PCBAを洗浄した後、その板面に粘性があってはならない。洗浄作業時には必ず静電気ハンドルリングを着用してください。

3、PCBA洗浄作業の前に防護マスクを着用しなければならない。そうしないと作業できない。

4、洗浄されたPCBAと洗浄されていないPCBAは別々に置いてマークし、洗浄されたPCBA板の表面に直接手面で接触することを禁止する。