プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA加工におけるスルーレートの重要性

PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA加工におけるスルーレートの重要性

PCBA加工におけるスルーレートの重要性
2023-03-22
View:158
Author:Sabrina      文章を分かち合う

PCBA加工におけるスルーレートは常に重要なパラメータである。直通率とは、製品が最初の工程から最後の工程まで終わり、主な定員には生産品質、作業品質、テスト品質などがある。直通率と会社の技術能力は正の相関比であり、PCBA加工工場の直通率が非常に高い場合、間接的にこの会社の品質と技術力を証明している。これも、直通率に注目することを内部で強調してきた理由です。

PCBA.jpg

PCBA加工



PCBA直通率

では、実はPCBA直通率がもっと重要なのは、1つの会社の収益力と顧客満足度の直接的な参考であり、今日、アイビー回路はPCBA加工における関連プロセスと結びつけてPCBA直通率について共有してみよう。

例えば:PCBAは溶接または再修理の際、2つの重要な変化過程が1、2回の崩壊と変形があり、この2つの過程を認識し理解することは、PCBAの溶接または再修理を成功させるために非常に重要である。



PCBA再修理の加熱は局所加熱に属し、一般的に再流溶接炉を用いて行われる一次溶接とは異なる。

(1)溶接点の溶融過程:2回の崩壊。

(2)パッケージの変形過程:先心部上弓後辺の反り。


PCBA再修理ステーションの加熱と冷却は、再流溶接炉とは異なる。

(1)再修理設備は、加熱に使用される熱風は噴射風であり、部位によって流速が異なり、風温も異なり、一般的な心部温度は比較的に低い(紙で試験可能)が、冷却は正反対であり、これは溶接技術の要求とは反対である。

(2)再修理加熱または冷却は、すべて局所加熱に属し、再流溶接加熱のように平衡加熱に属しておらず、PCBAであれ部品であれ、再流溶接炉よりも変形が大きい。

以上の違いにより、PCBAの再修理には辺や心橋連現象が発生することが多い。



PCBA溶接はすでに非常に難しいことであり、再修理を経なければならないが、それでは知らず知らずのうちにPCBA生産工程が新たに追加され、品質異常の可能性も新たに追加された。

また、PCBA加工に品質問題が発生すると、納期と顧客満足度が大幅に低下し、将来の会社の発展に非常に深刻な結果が生じる。