プロの高周波基板、高速基板、ICパッケージ基板、半導体テスト基板、HDI基板、リジットフレッキ基板、PCB設計とPCB メーカー
iPcb会社-信頼できるPCBメーカー! お問い合わせ
0
PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA加工工場の錫ペースト管理規範制度

PCBAの技術

PCBAの技術 - PCBA加工工場の錫ペースト管理規範制度

PCBA加工工場の錫ペースト管理規範制度
2023-03-22
View:137
Author:Sabrina      文章を分かち合う

PCBA加工工場の錫ペースト管理規範制度


PCBAのお客様によくお会いすると、私たちの錫膏管理制度はどうなっているのかと聞かれますが、今日はアイビー回路の錫膏管理制度をご紹介します。


1.目的:

SMTの主な消耗品である錫ペーストの調達、貯蔵、使用の管理過程を規範化し、生産品質の安定性を確保する。


2.範囲:

会社のすべての錫膏に関するプロセス管理に適用する。


3.定義:略。


4.職責:

購買部:錫膏の購買を担当する。

工程部:SMTプロセスエンジニアは各関連操作性ファイルの作成とプロセス技術支援を担当する。

製造部:錫膏の購入、貯蔵、正確な使用及び回収管理を担当する。

品質保証部:管理過程の監視を担当する。


PCBA.jpg

PCBA



5.運営過程:

5.1購買管理:購買部は倉庫PMCの購買申請書を受け取った後、合格した仕入先を探して相応の型番の購買作業を行い、錫膏の保存期間が短いことを鑑みて、仕入先に提供する錫膏は出荷日が30日以内の資料でなければならない、具体的には錫膏瓶の生産日を基準にして、運送時に乾燥氷嚢を持って冷蔵する必要がある。

5.2倉庫受入管理:

5.2.1倉庫は貨物を受け取った後、包装が規範に合っているかどうかを確認し、錫膏包装箱内にドライアイスがあるかどうか及び温度が常温より明らかに低いかどうかを確認する。

5.2.2錫膏の生産日が受入当日30日以内で、紅膠の生産日が受入当日90日以内であるかどうかを確認し、この時間限定を超えた場合、貨物に対して受入拒否処理を行う、もし急用があれば、特採を申請することができますが、計画部門は消費進捗分析に基づいて1ヶ月以内に正常に使用できることを確保し、副社長の許可を申告し、許可権特採入庫システムを行う必要があります。

5.2.3受入を確認した後、材料係が錫膏管理ラベルを列印して各錫膏瓶に貼り付け、先進的な先出し、日常使用及び異なる型番の管理とする。

5.2.4錫膏番号管理方法:ロット番号:01 ~ 99同ロットを01 ~ 99の順に

ブランド型番:XXは同じメーカーの異なる型番のプログラムコードで、第1項は00で、新たに追加された時01は順次押します;Sはメーカー別プログラムコード、YYYYMMDD出荷日:例えば2014年2月5日は20140205

5.3錫膏の保存管理:

5.3.1保存温度:無鉛と鉛を含む錫ペーストの保存条件は:温度2°C ~ 10°C、湿気防止、密封保存に注意する。倉庫管理者は、稼働日ごとに冷蔵庫の錫膏置き場の温度を測定し、「冷蔵庫温度記録表」を記録する。異常があれば直ちに首長に緊急移転処理を通知する。

5.3.2保存期間:原装密封保存有効期間は出荷日から180日間である。初回開封使用後1ヶ月以内。

5.3.3錫膏管理者は錫膏を番号順に大から小へ整然と冷凍庫に入れ、異なるロットの明確な標識と階層化を行い、生産ラインが返品した錫膏は特定の区域に置いて優先的に使用する。

5.4引き取り管理

5.4.1生産部は生産計画に基づいて倉庫に事前に錫膏の使用準備を通知し、使用量と錫膏型番のブランドと使用時間を含む。材料担当者は要求に応じて相応の錫膏を取り出して先に出て要求して引き取り管理を行い、錫膏を取り出して温度に戻して解凍するには計画通りに行わなければならず、常温暴露時間が長すぎて廃棄されたり、使用期限に影響を与えたりしないようにする。

5.4.2すべての引き取り及び生産返品された錫膏は引き取り/返品登録をしなければならず、異なるブランド/型番の記録は異なるページに記録し、先進的な先出しの実行状況を明確に理解するために。

5.4.3取り出した錫膏は冷蔵庫に常温で4時間放置してから生産部に渡すことができ、無理に加熱して温度を戻してはいけない。受領時に受領スキャンを行い、記録帳と石膏ボトルラベルに入/出時間、使用/返却時間などの情報を記録する必要がある。

5.5錫膏の使用管理

5.5.1生産ラインは倉庫を温めた錫膏を引き取り、錫膏瓶の「引き取り時間」欄に具体的な時間を記入し、攪拌機で2〜3分攪拌した後に使用する。機械攪拌ができない場合は手動で攪拌する必要がある。手動攪拌時間は3 ~ 5分であり、中間、瓶壁、瓶底が十分に攪拌できるように攪拌に注意しなければならない。錫膏を混ぜる前にキャップを緩めてはいけない。

5.5.2錫膏攪拌機の設定:攪拌時間2〜4分。攪拌方向:時計回り、攪拌回転数:100 RPM。

5.5.3開封後の容器内に残っている錫膏は直ちにキャップを締め、連続使用する場合は作業室内に置き、使い切ってから新しい錫膏を受け取ることができる。印刷員は製品の消費量に応じて速やかに錫膏を添加し、毎回約1/4本。

5.5.4回温時間が24時間を超え、及び生産ラインが回温4時間後24時間以内に使い切れなかった場合、直ちに倉庫の冷蔵庫に戻して保存する必要がある。冷蔵庫内に4時間置いてから、冷蔵庫を出て解凍してから優先的に使用することができます。

5.5.5錫膏は正常に温度を戻した4時間後から常温暴露時間として計算し始め、1本の錫膏の累計常温暴露時間は48時間で、48時間を超えると廃棄する。

5.5.6 1本の錫膏は2回の出庫解凍しか許可されず、2回を超えると廃棄される。アウトキャビネット解凍カウントノードは、アウトキャビネットスキャンから4時間後である。

5.5.7ライン停止が4時間を超えて使用しない場合、鋼網上の錫膏を単独回収する必要があり、瓶内の未使用のものと混装して、冷蔵庫に入れて保存することはできない。

5.5.8生産ラインで錫ペーストを印刷した後のPCBは1時間以内にパッチを完成しなければならず、パッチ後2時間以内にリフロー炉を完成しなければならず、最初の製品は照合時間の占有により1時間延長することができる。タイムアウトして次の工程を完了していない製品は洗浄し、PCBA加工をベーキングして再生産する必要があります。

5.5.9錫膏を廃棄した後、『錫膏廃棄記録表』に記録する必要があり、技術エンジニアはそれを別に使用することができるか(例えば大電流線路の増流に錫を敷くか0805以上の部品の一般消費類製品に使用する)或いは廃棄処理することができるかどうかを検証することができる。



6.関連表及びファイル:

『錫膏廃棄記録表』

『冷蔵庫温度記録表』

『錫膏管理フローチャート』